鬱病治療の経過 鬱病は誰でもかかる可能性をもっていて、鬱病はかかりやすい心の病だと言う事で、うつ病を「心の風邪」と表したりすると言われていますねが、風邪=手軽に治る病気だという認識をもつ人も少なくないようで、このような認識から鬱病の治療をおろそかにする事で症状を悪化させることにもなっているだといえるはずです。以前では鬱病の治療法としては「電気けいれん療法」とよばれる治療方法しか効果が確かなものはなかったのとは言え、その後うつ病治療の研究が進んだことで抗うつ薬などを用いた薬での治療によるうつ病の治療が発達しました。昔に比べればうつ病の治療方法は確立してきたといえると思います。鬱病の症状は治療によって比較的短期間で回復する事が多いはずですが、うつ病の症例のうち半年程度の治療期間で回復するのは6割〜7割程度と言われていますね。反対に一年以上治療を続けても鬱病の症状が改善されないケースも25%程度あるでしょうし、一度うつ病になると治療によって回復したとしても、なんども鬱病を再発するケースも少なくないなど、鬱病は治療すればすべてが簡単に治るということではない、そしてうつ病の治療は色んな経過が考えられることを理解しておく事が大切なのですー